銭洗弁財天(宇賀福神社)はお金を洗うと、商売繁盛&金運アップするというパワースポットとして有名ですね。

銭洗弁財天(宇賀福神社)創建の由来

銭洗弁財天(宇賀福神社)創建の由来ですが、

『巳の年の文治元年(1185)の巳の月、巳の日の巳の刻、源頼朝に宇賀福神から「西北の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ。そうすれば天下は泰平になるであろう。」というお告げがあり、実際にお告げの通りに湧き水があったことから宇賀福神を祀るようになった」

ということだそうです。

その後、北条時頼が巳年に一族の繁栄を願い、銭を洗ったことが銭洗の始まりだとか。

銭洗弁財天へのアクセスですが、鎌倉駅西口から徒歩20分ほどの場所で、鎌倉駅西口から向かうと後半は急な上り坂になります。
鎌倉駅からすぐ近くまでのバスは無いので、アクセスは正直あまりよくないです。

駐車場もあるのですが、土日と巳の日は利用できず、住宅街の狭い路地を抜けないとたどり着けないので、車でのアクセスはあまり向いていません。

歩きやすい靴で徒歩で向かうようにするのが結局一番だと思います。

周辺の源氏山公園、佐助稲荷神社も一緒に観光するのがおすすめです。