源氏山公園は春は桜、秋は紅葉が楽しめ、近くには銭洗弁天、佐助稲荷神社、葛原岡神社があるので観光スポットとしても人気です。

鎌倉の七切通しの一つで、国の史跡の「化粧坂」が源氏山公園につながる道の一つとしてあり、園内には頼朝像もあります。

「源氏山」という名前の由来は、後三年の役で八幡太郎義家が出陣するときに源氏の白旗を立てて戦勝を祈ったところからだそうです。

スポンサーリンク

アクセスは鎌倉駅西口から徒歩で20分~30分ほどで、途中は急坂もあるので歩きやすい靴がおすすめ。

高台の上に源氏山公園はあるのですが、どこから目指しても細い道を通る必要があるからか、鎌倉駅からは直接バスで行くことができません。
徒歩が辛い場合は、タクシーがいいかもしれません。

でも実は、JR鎌倉駅から2つ上りにあるJR大船駅から、「源氏山入口」という源氏山公園に一番近いバス停までのバスが出ています。

大船駅東口のバスターミナルから、京急バス [船50] 桔梗山行に乗って「源氏山入口」のバス停までは15分、そこから徒歩5分ほどで源氏山公園に到着します。

大船駅からのバスで源氏山公園まで行って、源氏山公園を起点に銭洗弁天や佐助稲荷神社を観光して、鎌倉駅まで降りていくというのコースだと、山を下っていくようになるので、足腰に自身が無い方にはいいかもしれませんね。