段葛を鶴岡八幡宮方面に歩いて左側を見ていると登場する、歴史的な外観の建物です。

湯浅物産館

湯浅物産館は、明治30年(1897)に貝細工の製造加工・卸売りの店舗として創業されたそうで、昭和11年11月に建てられた建物が一部補修等されていますが、現存しています。

2階の窓のデザインが素敵ですよね。

平成26年に大規模改修があって、現在は建物内に6つのお店があります。

珈琲店、喫茶店、箸専門店、雑貨屋、生フローズンヨーグルト専門店、着物店(レンタルも)があり、いわゆる複合商業施設として、現在も利用されています。