海藏時は、建長5年(1253年)に鎌倉幕府六代将軍の宗尊親王の命で藤原仲能が創建。
その後、鎌倉幕府滅亡時に焼失、応永元年(1394年)に再興されたと伝えられています。

四季の花の名所としても人気で、4月の「カイドウ」、9月の「ハギ」が有名です。

私が訪れたのは紅葉の季節でしたが、とても美しかったです。

スポンサーリンク

海蔵寺 入口

また、十六ノ井という井戸もあります。

海蔵寺 十六ノ井

十六ノ井は拝観料がかかります。

この写真の赤い傘の下で拝観料を納められるようになっています。

海蔵寺2

海藏寺は、鎌倉駅の西口から20分ほど北に進んだ、谷の奥のすごく静かな場所にあります。

海藏寺へは途中は横須賀線沿いを歩くのですが、途中にはシンゴジラでゴジラ登場シーンで使われた扇ヶ谷ガードがあります。

扇ヶ谷ガードから、谷の奥へと歩くのですが、途中の道の雰囲気もなかなかいい感じです。

海藏寺までのアクセス 道

海蔵寺へ向かう道の途中を左に曲がると、源氏山公園に着きます。

海藏寺から源氏山公園

源氏山公園へ徒歩で向かう場合に、海藏時に寄り道するというルートがいいと思います。

[鎌倉散策] ブログ村キーワード