八坂大神(やさかたいじん)は、建久3年(1192)に鎌倉時代の武将の相馬次郎師常が自宅の守護神として勧請したのが始まりだそうです。

そのため相馬天王とも呼ばれます。

明治2年の神仏分離の時に「八坂大神」と改称されて、明治6年には村社とされることが決まりました。