鶴岡八幡宮で例大祭が毎年9月14日から16日までの3日間行われます。

文治3年(1187)8月15日に、放生会(ほうじょうえ)と流鏑馬(やぶさめ)が行われたことが始まりの歴史のあるお祭りです。
800年ずっと続いているお祭りなので、鶴岡八幡宮としては一番重い祭事になるそうです。

9月は鎌倉としては、海水浴シーズンと紅葉シーズンの間なのですが、次に紹介する例大祭での流鏑馬は9月の鎌倉観光でのおすすめのイベントになります。

鶴岡八幡宮 例大祭での流鏑馬

例大祭の3日目の9月16日の午後1時から行われる流鏑馬神事が、観光する方にとっては一番の見所です。

流鏑馬神事の様子は、こちらの鎌倉市の公式動画の「0:50~」頃に収められています。

流鏑馬が行われる場所は、鶴岡八幡宮の境内中央付近を東西に走る流鏑馬馬場となります。

[流鏑馬神事] ブログ村キーワード